不動産業界での就職を目指す人に

不動産業界での採用を目指している場合、どこの企業に採用されるのか、というのは重要な要素の一つとなります。一口に不動産業界といってもその企業にも多くの種類があり、自分のやりたい仕事が含まれているかどうかには違いがあるためです。ここでは、不動産業界の企業の一つとして阪神住建について紹介し、その採用を目指すのに適しているのはどのような人なのか、ということについて紹介します。

阪神住建の採用を目指すことを考える場合、まずはどのような職種の人物が求められているのか、ということについて知っておく必要があるでしょう。阪神住建では大きく2つの職種の採用が行われており、それぞれやることになる仕事の内容に違いがあります。まず一つ目の採用職種となっているのが、総合職です。こちらの職種においては、阪神住建が主力商品として展開している住宅ブランドであるキングマンションシリーズ、スパワールドの展開などに関わる業務を担当することになります。主に行うことになる業務の内容としては、用地取得や企画開発などの業務が多くなっています。営業を含む職業での採用を目指している方にとって、こちらの職種が適していると言えるでしょう。

阪神住建で採用されている職種として、もう一つ一般職があります。こちらの職では一般事務を中心的に展開することになります。こちらについてはそれほど不動産業者としての特色が強いわけではないため、比較的画一的な仕事を行うことができるでしょう。総合職については大卒のみの採用となっていますが、一般職については短大卒も採用の対象となっているため、必要となる専門性は少し低めであることがわかります。それでは、阪神住建の採用について、さらに細かい情報についても紹介します。

阪神住建では、スタッフに対して複数の手当を支給する仕組みを取っています。職務手当、家族手当、資格手当などの他、通勤手当なども用意されているため、福利厚生に優れている会社であることが見て取れるでしょう。また、給与についても年一回の昇給が行われるようになっている他、毎年3回の賞与システムも用意されているため、収入面においても強みがある会社であることがわかります。

勤務地は本社が大阪市福島区で、事務所は浪速区、大正区、住之江区に設置されています。それぞれで違った業務が展開されることになりますが、基本的に募集されている職種は同じであるため、就職を目指す人にとっての条件はあまり変わりません。

『関連サイト』阪神住建では、どんな人がどのように働いているのか。それを知るには、社員のブログが最適です。社内の交流はもちろん、採用についての最新情報もいち早くわかります!▷▷▷阪神住建の採用情報をチェック

職種や賞与のチェックが重要

不動産業界での採用を目指している方は、その会社でどのような業務を行うことになるのか、ということについて十分チェックをしておく必要があるでしょう。不動産業界と一口に言っても行なわれる仕事の内容にはかなり幅があるため、自分の思った通りの仕事ができるとは限らないためです。ここでは、実際に不動産業界での採用を目指している人に向けて、大阪を中心に活動する不動産業者である阪神住建の採用情報について紹介します。

阪神住建では、大きく2つの職種の募集を行っています。一つは総合職で、もう一つは一般職となっています。このどちらでの採用を目指すのかによって、行うことになる業務の内容にはかなりの違いが生じることになるためチェックを行っておく必要があるでしょう。阪神住建の総合職として採用された場合、主に行うことになる業務としてはキングマンションシリーズに関係する諸業務や、スパワールドに関係する諸業務などがあげられることになります。キングマンションシリーズにおいては、用地取得や企画、開発、販売管理などが中心的な業務となっており、営業職としての側面が強くなります。スパワールドに関係する業務としては、事業所の企画や運営などが中心的です。

阪神住建でのもう一つの採用である一般職については、いわゆる一般事務職としての採用となります。そのため、行うことになる業務についてはそれほど特色の強いものというわけではありません。比較的多くの企業で行われているようなものであるため、汎用性が高い業務となるでしょう。

それでは、阪神住建で採用されるという場合、どのようなメリットを考えることができるのでしょうか。例えばメリットの一つとして考えられることに、賞与が3度あるという点をあげることができます。毎年4月7月12月にそれぞれ賞与が行われる様になっており、総合職の場合には4ヶ月分、一般職の場合には3.5ヶ月分程が供されているという実績があります。給与としては総合職で25万、一般職で18万程となっているため、全体を通しての年収が比較的安定していることが分かるでしょう。

このように、阪神住建では安心して仕事ができるような環境が整えられています。総合職に関しては配属によって曜日こそ違っているものの完全週休二日制となっている他、ゴールデンウィークや夏季休暇なども用意されているため、阪神住建は安定した仕事を考えることができるようになっています。

不動産業界の就職プロセス

不動産業界での採用を目指したいという場合、具体的にどのような業務が展開されているのかについて確認し、具体的にどのような仕事をすることになるのか、ということについてチェックをしておく必要があります。また、同時に仕事の内容に給与や福利厚生などが見合っているのかということについてもチェックの対象となるでしょう。ここでは、そんな不動産業界の会社の一つである阪神住建について、どのような採用体制が取られているのかについて紹介します。ここでは、阪神住建に於ける採用プロセスがどのようになっているのかについて紹介します。

阪神住建での採用プロセスとして、最初の一歩となっているのはエントリーです。これは多くの企業とそれほど大きな違いがあるわけではありません。リクルートサイトなどを利用してエントリーを行い、会社説明会に出席する、ということが最初の一歩となるでしょう。ここで会社についての説明を受け、具体的にどのような仕事ができるのか、ということについて知ることが採用を考える上で重要になります。この説明会においては会社や仕事、さらに会社としての理念についての説明が行われるようになっており、具体的な形で仕事の内容について知ることができるようになっています。

阪神住建の説明会が終わったら、次に行うことになるのは面接です。一次面接と同時に一般常識テストと呼ばれるものが行なわれるようになっており、共に仕事をしていく上で重要になる上記について十分な習得ができているのかを採用の大きな条件としていることがわかります。多くの利用者に直接対応することになる業種であるため、常識的な観点を持っていることが重要な採用項目になっているのです。

第一次面接と試験を通過した場合、次に二次試験と適正テストと言うものが行なわれるとこになります。二次面接ではさらに具体的に意欲などを問われることになり、適性テストでは不動産業界で仕事をしていくのに適している人材であるかどうかを見られることになります。ここを突破した場合、採用までの道はもう遠くはありません。

阪神住建では最終面接が行われる前に、質問会というものが行なわれるようになっています。この質問会では最終面接に残った人たちによって、この阪神住建がどのような会社であるのかについて、より具体的な質問を行う事ができるという場です。ここで詳しく会社について知ることができるようになっているため、安心して阪神住建での採用を目指せるようになっているのです。

情報をしっかり確認しよう

就職活動を行う場合には、就職を考えている会社の採用情報についてしっかりと確認し、その会社がどのような会社でどのような仕事に従事することになるのか、ということについてしっかりと確認をしておくことが重要になります。ここでは、阪神住建という不動産会社について、どのような採用情報が提供されているのか、ということについて紹介します。

阪神住建では実際に採用された場合にどのような仕事をすることになるのか、どのような待遇となるのか、ということについて細かく採用情報で紹介を行っているため、安心して就職を目指す事ができる会社の一つと言えるでしょう。まず始めに、阪神住建の紹介している採用の方法がどのようなものになっているのかについて紹介します。阪神住建では採用を目指す人は、まずエントリーを行って会社説明会に参加する必要がある仕組みを取っています。このエントリーについてはインターネット上のリクルーティングサイトなどから行うことができるようになっているため、比較的容易に利用することができるでしょう。募集が行われているのは総合職と一般職で、総合職については大卒以上のみ、一般職については短大卒以上のみとなっているため、学歴条件が満たされているかどうかのチェックを行っておく必要があります。

阪神住建での採用はこの会社説明会から始まり、次に面積が行なわれる形となります。面接は1次、2次、最終と三段階で行われるようになっており、より細かく就職希望者の人格仮面についてチェックを行う仕組みとなっている所が特徴です。阪神住建はこのように面接を重視している理由として、不動産業は人と人とのコミュニケーションが重要な仕事であることを挙げており、一般常識テストや適性テストなどについても行っているものの、あくまでもメインとしているのは面接であるとしています。

阪神住建がこの採用プロセスを通して目指している人材と言うのは、多くの仕事に向き合うことができ、様々な使命に対して挑戦することができるような、いわゆるマルチタスクなタイプの人間であるとしています。意欲を持って取り組む事ができる人物であるかどうか、ということを阪神住建では大きなポイントであると考えており、宅建主任資格の取得を目指す人などについては優先的な採用対象とすることを考えています。目先の仕事ではなく、大きな見通しを持って仕事ができる人が適していると言えるでしょう。

細かく情報を確認しよう

採用情報を確認することは、就職活動を行う上で非常に重要なポイントの一つとなっています。採用情報の中には実際に仕事をする場合にどのような形で行うことになるのか、という情報が多く含まれているため、これがしっかり見られているかどうかによってその後の仕事に対する心構えも変わってくることになるでしょう。この際、仕事内容だけではなく、待遇などについても確認をしておくことが重要になります。ここでは、大阪の不動産業者の一つである阪神住建について、どのような採用情報での募集が行われているのかについて紹介します。

阪神住建の採用情報を見てみると、まずは2つの職種について募集が行われているということがわかります。阪神住建で募集が行われているのは総合職と一般職となっており、このどちらを目指すのかによって仕事の内容には大きな違いがあることになります。まず一般職についてですが、主に行うことになる仕事は一般事務です。多くの業種において共通している業務内容となる部分が大きいと言えるでしょう。対して総合職については、不動産業としての仕事内容が色濃く表われており、キングマンションシリーズに関係する用地取得や、スパワールドに関する事業運営などが代表的な業務として紹介されています。

阪神住建ではこれらの仕事に従事する人を集めるに当たって、重要な採用情報というものを紹介しています。阪神住建が採用したいと思っているのは、様々な仕事に対して、様々な課題に対して自ら挑戦することができるような人物であることです。積極性を持って取り組む事ができる人物であることが望ましいと考えており、実際にそれを採用情報の中でも紹介しています。また、阪神住建は同時に、この仕事はコミュニケーションの重要性が高い仕事であるということを紹介しており、その部分についても達成することができるようなコミュニケーション能力の高い人物を採用したいと考えていることも紹介されています。

上記の仕事について、阪神住建は給与や待遇などの情報についても採用情報の中でしっかりと伝えており、これを見ることによってより具体的に就職後の生活について想像することができるようになっているでしょう。昇給や賞与に関係するような情報についての記載もあるため、これらの点を確認し、仕事内容や待遇が自分に見合っているものであるかどうかをチェックしておくことが、採用を目指す上で重要なポイントとなるでしょう。